• ホーム >
  • 機構概要 >
  • 基本理念と基本方針
  • 機構概要

    基本理念と基本方針

    基本理念

    広島市立病院機構は、市民の健康の維持・増進を図るため、市民に信頼され満足される質の高い医療を継続的かつ安定的に提供していきます。

    基本方針

    広島市立病院機構は、「医療機能の拡充」、「運営体制の強化」、「安定した経営の維持」を取組の柱としています。

    基本方針

    それぞれの病院の医療機能の拡充内容

    広島市民病院、安佐市民病院、舟入市民病院及びリハビリテーション病院・自立訓練施設では、それぞれの特徴を生かした医療の提供に務めます。

    広島市民病院

    広島市民病院

    広島市の医療施策上必要とされる医療の提供に関し中心的役割を担うともに、地域の医療水準をリードする急性期病院として、高い医療水準の維持・向上を図ります。

    安佐市民病院

    安佐市民病院

    広島市北部だけでなく、広島二次保健医療圏の北部、備北地域、さらには、島根県の一部を支える北部地域の中核病院として、医療機能の充実・強化を図ります。また、耐震性の向上と老朽化・狭あい化の解消を図るため、建替えを推進します。

    舟入市民病院

    舟入市民病院

    小児救急医療の安定的な提供を図るとともに、第二種感染症指定医療機関として、感染症患者の受入体制を維持します。また、広島市民病院との連携強化等に取り組み、病院機能の向上を図ります。

    リハビリテーション病院・自立訓練施設

    リハビリテーション病院・自立訓練施設

    高度で専門的な回復期リハビリテーション医療を提供するとともに、自立のための訓練と合わせ一貫したリハビリテーションサービスを提供します。また、広島市身体障害者更生相談所と連携して、地域リハビリテーションの推進を図ります。
    ページの先頭へ
    地方独立行政法人 広島市立病院機構
    本部事務局
    〒730-0037  広島市中区中町8番18号 広島クリスタルプラザ11階・5階
    TEL:082-569-7700(代) FAX:082-569-7826